加熱方式別 一覧へ戻る

用途別   一覧へ戻る

業種別   一覧へ戻る

炉頂スクラップ予熱装置:MSP(Multistag Super Preheater)-DCアーク炉

 

大同特殊鋼株式会社

 

概要

MSP-DCアーク炉

 アーク炉から排出される排ガスの持ち去り熱を有効利用するために、炉頂スクラップ予熱装置”MSP(Multistage Super Preheater)”を開発しました。
従来炉と同様に、炉中心に原材料バッチ装入できるので、溶解効率も良好です。

 電力原単位については80~100kWh/ton程度の改善が可能です。

 

 

方式:アーク・プラズマ加熱/業種:鉄鋼・非鉄金属/用途:予熱・溶解

 

 

設備概要

 炉頂に設置されたシャフト型の余熱装置(MSP)に、アーク炉からの排ガスを通して、原料スクラップを高温余熱します。予熱後のスクラップは、MSPを炉心まで移動してから装入されます。

 電極直下に装入されたスクラップは効率よく均一に溶解されます。

 操業はバッチ溶解となるため、通常のアーク炉と同等原料が使用可能で、1チャージ毎の鋼種変更も可能です。

 バイパスダクトが設置されており、ダンパの切り替えによりスクラップ過加熱の防止が可能です。

 

 

図.1 MSP-DCアーク炉断面図

 

メリット

①高い電力効率

 ・バッチ溶解。

 ・溶解効率がフラットバス溶解よりも高い。

 ・予熱装置が炉心まで移動し、スクラップを装入。

②高い余熱効率

 ・予熱室は炉頂に配置し高温排ガスを利用する。

 ・予熱槽は複数室構成で全原料を予熱。

③高い生産性

 ・バイパスダクトを設置。

 ・排ガスは上部予熱室と下部予熱室に分割。

 ・スクラップの過加熱による酸化防止(歩留まり悪化防止)

 

 

 

連絡先

大同特殊鋼株式会社

機械事業部 営業部 東京機械営業室

TEL:03-5495-1283

 

 

加熱方式別 一覧へ戻る

用途別   一覧へ戻る

業種別   一覧へ戻る