日本エレクトロヒートセンター

 

 

 

 

 

 

 

誘導加熱の特徴

 

省エネである

被加熱物そのものを加熱するので熱損失が小さく、効率の良い加熱ができます。また、被加熱物の単位面積に供給される単位時間当りのエネルギーが大きいので、高速加熱・高温加熱が可能となります。

 

CO2排出量削減につながる

化石燃料を燃焼させる方式に比べて、CO₂の排出量が少なく、環境性に優れています。(※)

 

(※)例えば、誘導加熱炉はキューポラ比CO₂排出量が64%削減可能

  2008.6.5:第27回エネルギー・資源学会研究発表会(論文番号9-3)
       「誘導炉導入によるライフサイクルから見た環境性と経済性の評価」(筑波大学)

  2008.11 :日本エレクトロヒートセンター機関誌「エレクトロヒート」(162号)
       「
誘導炉導入による環境性・経済分析について(筑波大学)

 

急速加熱ができる

必要な時に必要な場所だけクイックかつタイムリーに加熱できます。

 

高品質の製品が確保できる

精度の高い温度管理ができること、急速加熱であるため、スケール(酸化物)の発生が極めて少なく、高品質を保つことができます。

 

製造プロセスの改善が図れる

燃焼による加熱方式に比べて装置がコンパクトになり、制御の自動化も容易となり、製造プロセスの改善につながります。

 

職場環境の改善が図れる

局部加熱ができ、周囲が高温にならず、また燃焼に伴う作業環境の汚れも少ないため、職場環境の改善が図れます。

 

 

Page Top