日本エレクトロヒートセンター

 

 

 

 

 

>
>
電化厨房機器性能指標基準

電化厨房機器性能指標基準

 

電化厨房機器性能指標基準とは
 電化厨房機器は、余分な熱を放出することがなく、放射熱も少ないことから厨房内の温湿度管理がし易く、快適で衛生的な厨房環境の実現が可能なことが評価され、近年の普及拡大には、めざましいものがあります。
当センターの電化厨房委員会では、電化厨房機器の性能を評価するための客観的で標準的な性能指標(定格消費電力、熱効率、立上り性能、調理能力もしくは処理能力、消費電力量、均一性、または、給水量もしくは給湯量)を取りまとめて本基準を作成いたしました。
本基準が、多くの製造者、ユーザーおよび設備設計者などの方々にご利用していただき、厨房機器を選ぶ際の判断材料として、また省エネルギーやランニングコストの低減などにお役に立つことを願うものであります。
更に、電化厨房機器市場の健全な競争を促進し、電化厨房機器の性能向上および発展に資することを期待します。
 
本基準は、以下の電化厨房機器の品目に関して、性能を表示する際に適用します。
 1. テーブルレンジ、ローレンジ、卓上レンジ、中華レンジ
 2. 回転釜、固定釜
 3. ティルティングパン
 4. 立体炊飯器、小型炊飯器(自動炊飯機能をもつもの)
 5. ブロイラ、魚焼器、サラマンダ
 6. コンベクションオーブン
 7. スチームコンベクションオーブン
 8. グリドル(温度調節機能をもつもの)
 9. フライヤ
10. 麺ゆで器
11. アンダーカウンター洗浄機、ドアタイプ洗浄機
12. ラックコンベア洗浄機、フライトコンベア洗浄機、フラットコンベア洗浄機
13. 食器消毒保管庫
(参考)電子レンジ
 
詳細は、電化厨房機器性能指標基準(改訂6版をご覧ください
 

電化厨房機器性能指標基準に基づく「定格消費電力」の表示方法についてはこちらをご覧下さい。 

Page Top