日本エレクトロヒートセンター

 

 

 

 

 

ヒートポンプとは

 

ヒートポンプとは、温度の低い方から高い方へと熱を運びあげる機器の総称で、ちょうど水を低い所から高い所に押し上げるポンプのような原理で熱を移動させるところから、この名前で呼ばれています。
そして、その原動力となるのが電気です。

主に熱源とされるのは空気または水ですが、太陽熱や地熱を利用したり、温排水などの排熱を再利用できるというメリットもあります。

 

<図1>ヒートポンプの原理

 

 

 

ヒートポンプ原理   ヒートポンプの特徴   産業用電気加熱への応用
ヒートポンプの原理について説明します。   ヒートポンプの特徴について説明します。   産業用電気加熱への利用の仕方について紹介します。
         
導入事例   製品情報   技術文献
具体的な導入事例について紹介します。   主要加熱メーカーの製品紹介と関連のホームページへリンクできます。   JEHC保有の技術文献の紹介と一部文献閲覧ができます。

 

 

Page Top