日本エレクトロヒートセンター

>
「電化」に関する研究報告書

    「電化」に関する研究報告書・記事

 

NEW!!
学会誌「Journal of Japan Solar Energy Society(太陽エネルギー)」で
 『脱炭素社会実現の鍵を握る産業の電化』の特集記事が組まれました。
 
  特集にあたって             [東京電力ホールディングス 戸田 直樹]
  産業電化への期待と普及に向けた取り組み [日本エレクトロヒートセンター 浜屋敷 毅]
  素材産業における電化                   [三菱総合研究所 池田 和俊]
                       [内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)塩沢 文朗]
  ◆脱炭素手段としての電化                [東京電力ホールディングス 戸田 直樹]
                                          [東京電力ホールディングス 矢田部 隆志]
 
   出典:Journal of Japan Solar Energy Society(太陽エネルギー)」Vol.46,No.3(Serial No.257)
 
研究報告書が公開されました 
 タイトル
「建物脱炭素化に向けた取組の検討 -米国の州や自治体の先進事例とわが国への示唆-」
 報告書発行年月:2020年4月
 <電力中央研究所ウエブサイト>
 
電気新聞テクノロジー&トレンドにおいて、
 「持続可能社会における電化の役割」
  と題して、電力中央研究所の研究員が執筆された記事が掲載されました。
  各記事は、電力中央研究所エネルギーイノベーション創発センターのホームページで紹介されています。
  <電力中央研究所 エネルギーイノベーション創発センター>「トピックス」のページ
 

 

研究資料が公開されました

  タイトル「産業部門における電気加熱の生産性便益-評価方法の現状と課題ー」

  報告書発行年月:2020年3月

  <電力中央研究所ウエブサイト>

   https://criepi.denken.or.jp/jp/serc/source/Y19505.html

  

   タイトル産業部門の脱炭素化に向けて新たな電化分野はあるか?」

  報告書発行年月:2019年12月

  <電力中央研究所ウエブサイト>

    https://criepi.denken.or.jp/jp/serc/denki/2019/191218.html

        

電気新聞テクノロジー&トレンド「脱炭素社会実現の鍵を握る産業の電化」

 電気新聞[2019年9月27日~2019年10月18日]に掲載された記事です。各記事をクリックすると「電気新聞ウエブサイト」が開きます。

 第1回 電化技術のポテンシャル「電源の低炭素×電化でCO2は7割削減できる」

 第2回 ミニミル2.0「電炉の技術革新でCO2フリー化が視野に入った製鉄業。実現すれば再エネの大型調整力にも」

 第3回 石油化学の革新「石油化学の脱炭素化は回収CO2とCO2フリー水素が鍵。燃料も原材料も非化石化」

 第4回 レガシーからの脱却「電化を阻むロックイン効果。新たな価値の提案が必要に。さらに法制度の変革も」

 

 

           本件に関する問合せ先
一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13番7号
TEL:03-5642-1733/FAX:03-5642-1734
メールでの問合せ;
office@jeh-center.org