日本エレクトロヒートセンター

>
塗装乾燥活用ガイド

塗装工場の低炭素化に向けて

塗装・乾燥工程への電気エネルギー活用ガイド

 

 

 

 

  A4版 オールカラー 77ページ

 

  20227月発刊

 

 

  非売品

 

  禁無断転載

 

  

 

  *  本テキスト及びビデオは、東京電力ホール

     ディングス株式会社からの令和3年度受託事

     業として作成しました。

 

 

 

 

 

目 次

 

1章 地球温暖化と塗装~温暖化と塗装を考える~

 Part.1 地球温暖化の原因 - CO2は誰が出しているのか?

 Part.2 CO2排出量 - 塗装との関係は!?

 

2章 赤外線技術による省エネ革新~実例と技術的背景~

 プロローグ-本題に入るちょっとその前に

 Part.1 2020年度省エネ大賞で実証された省エネ効果

 Part.2 革新を生んだキーワード

 Part.3 革新を生んだキー技術 赤外線とは?ハイブリッド炉とは?

 Part.4 ケーススタディ

 

3章 新たなる塗装工場への変身~赤外線以外の挑戦~

 赤外線以外の塗装硬化方法

 

付録:赤外線・熱風ハイブリッド炉/誘導加熱 導入事例の紹介

 

 

 

テキストのダウンロードはこちらから無料です!

 ①高画質版(343MB):通信状況により、5分ほどお時間がかかります(只今工事中)。

 ➁圧縮データ版(51MB):こちらでも綺麗に見えます(推奨)(只今工事中)。

 ※テキストを印刷される場合は、「両面長辺とじ・カラー・ホチキス2ヶ所(留め)」がお勧めです。

 

 

【解説ビデオ】

 ナレーター本郷 弦(ほんごう げん)氏 & 吉田 道広(よしだ みちひろ)

 仲代達矢氏が主宰する「無名塾」所属

 URL塾生プロフィール|無名塾 Official Website (mumeijuku.net)

 

テキストと併せてご覧ください。

 

1章 地球温暖化と塗装~温暖化と塗装を考える~938秒]

  世界的に喫緊の課題となっている地球温暖化について、基本データを示しながら紐解く。中でも、

 産業部門(製造業)において特に問題となっているのが、塗装・乾燥工程(乾燥炉)におけるエネ

 ルギーの使用であること、また省エネルギーの余地があることをデータに基づき、分かりやすく解

 説する。

 

2章 赤外線技術による省エネ革新~実例と技術的背景~

Part.1 2020年度省エネ大賞で実証された省エネ効果1023秒]

 

 いまだに塗装・乾燥工程で多くを占める熱風乾燥炉を、赤外線ランプを用いたハイブリッド乾燥炉

に改造することで、劇的な省エネ・CO2排出量の削減を達成することが出来た株式会社小松電業所の

実例を、取組みの過程も含めて紹介する。

  実態分析、高い目標設定と現場での試行錯誤が大きな成果に繋がる。

 

Part.2 革新を生んだキーワード1301秒]

  乾燥炉のハイブリッド化を具体的に検討するにあたって、どのような視点・切り口で取り組むかを

 解説する。

  キーワードは、面積生産性、エネルギー消費、実稼働率とターン数。それぞれの項目の関係性につ

 いても言及する。

 

Part.3 革新を生んだキー技術 赤外線とは?ハイブリッド炉とは?1253秒]

  今回のコア技術となる赤外線による加熱・乾燥の特性を解説するとともに、ハイブリッド乾燥炉の

 設計や具体的な運用時における着眼点と留意点について解説する。

  「ブロック制御」の考え方をアニメーションで実感してほしい。

 

3章 新たなる塗装工場への変身~赤外線以外の挑戦~92秒]

  乾燥炉のハイブリッド化において、赤外線加熱と併せて有力な電気加熱技術である誘導加熱。塗装乾

 燥するワークによって制約はあるものの、ハイパワー&高効率で乾燥(硬化)できる誘導加熱の採用事

 例に基づき、工夫点や検討の進め方を紹介する。